<< ぞうさん貯金箱 グリコ 贅沢なひととき >>
スメル男


まるで死体!? 足のニオイで警察沙汰に…… ドイツ | Excite エキサイト

漢らしさ(?)もここまで来ると人騒がせ極まりないですが。
この記事を見て、原田宗典の『スメル男』を思い出したのは私だけじゃないはず。

ある事から嗅覚を失った主人公が、
これまたある事がきっかけでとんでもなく臭くなってしまうお話。
作中でも、住民の苦情を受けた警官が主人公の部屋を訪れる場面があります。

もう10年以上も前に出版された本で、
だからそれなりに古さを感じる部分もあるかもしれないけど、

と て も お も し ろ い よ

面白い、にも色々あるけれど、
その色々がたくさん盛ってある小説だと思います。

私にとっちゃとってもタイセツな本の中の一つです。

これ読んでる間、幸せやったもんなー。

引っ張り出して読みたくなるのをガマンガマン。
[PR]
by minit0507 | 2007-07-10 00:18 | ふみ日記
<< ぞうさん貯金箱 グリコ 贅沢なひととき >>